絶対にマネをしてはいけない山歩き入門

登山・山歩き・アウトドア入門~初級~中級くらいの情報を、独断と偏見を織り交ぜながら発信しています。連絡先→twitter

絶対にマネをしてはいけない山歩き入門 イメージ画像

更新情報

ヘリテイジ社から新たに発売された「ダブルウォール軽量山岳テントHI-REVO(ハイレヴォ)。カモシカスポーツ本店で実物を拝見し、店員さんにお話も伺っちゃいました。薄い。とにかく生地が薄い。画像出典:カモシカスポーツホームページ詳細なスペック、レビューはカモシカスポ
『【2018年6月20日発売】ヘリテイジ HI-REVO (ハイレヴォ)をお店で見てきた。』の画像

6月17日の群馬県の地震に続き、翌18日には大阪北部で震度6弱の大きな地震が発生しました。わかりきってることですが、あらためて日本は地震大国であることを思い知らされます。そこで、登山用品でできる防災は何か…ということを考えてみます。どういう登山装備が災害時にど
『防災用品としての登山道具たち。』の画像

2013年の8月の記録です。信州側の扇沢から針ノ木雪渓を登り、針ノ木峠を越えて針ノ木谷を下り、平の渡場(たいらのわたしば)から渡船で黒部ダムを渡り、黒部ダム方面に北上し、内蔵助谷(くらのすけだに)を登り、ハシゴ谷乗越から剱沢雪渓に入り、長次郎谷(ちょうじろうたん)を
『峠を越え、谷を越え、長次郎谷を越え、剱岳へ。』の画像

ぶっちゃけて言うと僕は登山アウトドア系製品を取り扱う会社で働いています。それでギアとかの修理をよくやってるんですが、販売店からは低レベルな「修理依頼」も来るわけで、今回はそういう愚痴を書いちゃいます。壊れていないのに「壊れた」あんまりこういうことは言うも
『アウトドアギア修理工のぼやき。』の画像

ガスストーブの点火装置や電子式ライターに用いられる圧電点火装置(イグナイター)ですが、これらが高所で使えなくなるということはよく聞く話です。実際のところどうなのか、実験してみました。富士山での点火実験実験場所は富士山山頂付近です。厳密に最高峰剣ヶ峰ではない
『富士山山頂でポケトーチやアルコールストーブの点火実験をしてみた。』の画像

一般的に人が高所地帯に入ったときに肉体に起こる諸症状を総じて高山病とか高所障害と言います。富士山に弾丸日帰り登山で僕が経験した体調の変化について書きます。前夜の睡眠時間3時間半2018年6月、僕は大学時代の後輩(以下:TN)と二人パーティーで富士山を日帰りで登ると
『富士山で体験した高所障害の恐怖。』の画像

2016年夏、僕は槍ヶ岳の北鎌尾根稜線で一文無しになったことが判明し、たった一人で絶望していました。絶体絶命のなか、最善の装備と幸運と水と太陽と人の縁のおかげで生還したときの感動のストーリーです。第一のアクシデント2016年の8月、僕は高瀬ダムから湯俣温泉を経由し
『槍ヶ岳北鎌尾根で財布が無いことに気づいた話。』の画像

ナイフオタクへの道。其の二 からの続きです。「ナイフの切れ味を良くしたい」という思いから、砥石に手を出してしまった僕…。早速シャプトンの「刃の黒幕 1000 オレンジ」を購入しましたので、今回はそのレポートのなります。はたしてdeejo (ディージョ)はタトゥーを損なわ
『ナイフオタクへの道。其の三』の画像

2016年の8月に北アルプスの高瀬ダムより入山し、水俣川、天上沢を遡り、槍ヶ岳北鎌尾根を縦走した際の記録です。単独行です。登山日程2016年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー単独行交通手段(登山口までのアプローチ)公共交通往路:特急あずさと特急しなのを乗り継いで信
『槍ヶ岳北鎌尾根クラシックルート単独行。』の画像

ナイフオタクへの道。其の一からの続きです。ナイフの切れ味に着目してしまった僕はシャープナー(簡易研ぎ器)の欠点を痛感してしまいました。そんな僕の次のステージの話です。本当に研ぎたいならシャープナーではなく砥石!シャープナーでは刃先にギザギザをつけるだけで、
『ナイフオタクへの道。其の二』の画像

山はそこそこ登ってきたけど、ナイフに関しては素人の僕がナイフの構造、研ぎ方について少しずつ学んでいくお話です。不定期連載予定(?)ナイフはアウトドアズマンの象徴世間一般的に「アウトドア」とか「登山」というワードからナイフを連想する人は結構いるのではないでし
『ナイフオタクへの道。其の一』の画像

SOTO (新富士バーナー)のポケトーチはライター1個を中にそのまま装填するだけで小型のトーチバーナーになる優れたアイテムです。その使い心地と用途について考えてみました。なぜポケトーチを買ったかポケトーチ自体は2010年にアメリカの有力なアウトドア誌『BACKPACKER』の
『レビュー:SOTOのポケトーチをエマージェンシーギアに。』の画像

2012年の8月に北アルプスの早月尾根から剱岳北方稜線を経由して水平歩道を抜けて欅平まで縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人(僕、まーくー)交通手段(登山口までの
『剱岳北方稜線―試練と憧れ―』の画像

2011年の8月に北アルプスの槍ヶ岳から大キレットを経由して奥穂高岳、ジャンダルム、西穂高岳までを縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人(僕、まーくー)交通手段(登
『槍ヶ岳~大キレット~奥穂高~ジャンダルム~西穂高鬼縦走。』の画像

ナイフの鋼材とはナイフのブレードに使われている素材のことです。今まであまり気に止めてませんでしたが、ちょっとだけ調べてみました。素人の調べものなのでそこはご容赦ください。登山・アウトドアと言えばナイフ?登山・アウトドアと言えばナイフ…というイメージがある
『ナイフの鋼材あれこれ。』の画像

アルファ米のように食べ応えがあって、フリーズドライのようにすぐ出来上がって、安くてカロリーもそこそこあって軽い食品があるのをご存じですか?ここ数年僕のマイブームとなっている山飯「マッシュポテト」です。美味くて早くて軽い「マッシュポテト」日本ではあまり見か
『アルファ米、フリーズドライを越えた?第三の山の主食「マッシュポテト」』の画像

ビクトリノックス(VICTORINOX)と言えばスイスのポケットナイフ・マルチツールの世界的ブランドとして有名です。沢山の機能と種類がありますが、滅多に使わない機能もありますし、それどころか用途不明なものもあります。これらが山で本当に役に立つのか検証してみました。ビ
『ビクトリノックスの登山における実用性と使い方の検証。』の画像

ぎりぎり昭和生まれのいわゆる「ゆとり世代」第一号です。大学から登山・アウトドア活動を始め、はや12年が経ちました。自分の結婚を機にライフスタイルも変わり、山に行ってばかりではなくなりましたが、そのかわりに今までの自分の登山・アウトドア経験をまとめて、シェア
『プロフィール(登山歴など)』の画像

「アルコールストーブのゴトクを自作。其の二。」からのつづきです。今回は100円ショップの魚串を使った簡単なアルコールストーブ用のゴトク製作をレポートします。強度もあるし、折り畳めます。テキトーに作ったわりには、かなり良い出来だと思っています。ネット(YouTube
『魚串で簡単に自作できるアルコールストーブ用ゴトク。』の画像

2018年ゴールデンウィークが終わり、今年は低山の遭難ニュースが多いように思います。好天が続いたGW前半は遭難が少なく、早くから悪天が予想されていたGW後半は高山でも遭難者はほとんどいませんでしたが、逆に低い山での遭難が目立っている印象です。御岳山(奥多摩)での男
『ココヘリの説明を受けて、低山での山岳遭難ニュースに思うこと。』の画像

↑このページのトップヘ