絶対にマネをしてはいけない山歩き入門

登山・山歩き・アウトドアに関する雑多な情報を、独断と偏見を織り交ぜながら発信しています。お問い合わせはtwitterまで。

絶対にマネをしてはいけない山歩き入門 イメージ画像

更新情報

2012年の8月に北アルプスの早月尾根から剱岳北方稜線を経由して水平歩道を抜けて欅平まで縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人(僕、まーくー)交通手段(登山口までの
『剱岳北方稜線―試練と憧れ―』の画像

2011年の8月に北アルプスの槍ヶ岳から大キレットを経由して奥穂高岳、ジャンダルム、西穂高岳までを縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人交通手段(登山口までのアプロ
『槍ヶ岳~大キレット~奥穂高~ジャンダルム~西穂高鬼縦走。』の画像

ナイフの鋼材とはナイフのブレードに使われている素材のことです。今まであまり気に止めてませんでしたが、ちょっとだけ調べてみました。素人の調べものなのでそこはご容赦ください。登山・アウトドアと言えばナイフ?登山・アウトドアと言えばナイフ…というイメージがある
『ナイフの鋼材あれこれ。』の画像

アルファ米のように食べ応えがあって、フリーズドライのようにすぐ出来上がって、安くてカロリーもそこそこあって軽い食品があるのをご存じですか?ここ数年僕のマイブームとなっている山飯「マッシュポテト」です。美味くて早くて軽い「マッシュポテト」日本ではあまり見か
『アルファ米、フリーズドライを越えた?第三の山の主食「マッシュポテト」』の画像

ビクトリノックス(VICTORINOX)と言えばスイスのポケットナイフ・マルチツールの世界的ブランドとして有名です。沢山の機能と種類がありますが、滅多に使わない機能もありますし、それどころか用途不明なものもあります。これらが山で本当に役に立つのか検証してみました。ビ
『ビクトリノックスの登山における実用性と使い方の検証。』の画像

ぎりぎり昭和生まれの「ゆとり世代」第一号。大学時代から登山・アウトドアアクティビティを始め、はや12年。結婚を機にライフスタイルも変わり、山に行ってばかりでは無くなりましたが、そのかわりに自分の経験をシェアし、登山の素晴らしさを他者に伝えるためブログを開設
『プロフィール。』の画像

「アルコールストーブのゴトクを自作。其の二。」からのつづきです。今回は100円ショップの魚串を使った簡単なアルコールストーブ用のゴトク製作をレポートします。強度もあるし、折り畳めます。テキトーに作ったわりには、かなり良い出来だと思っています。ネット(YouTube
『魚串で簡単に自作できるアルコールストーブ用ゴトク。』の画像

2018年ゴールデンウィークが終わり、今年は低山の遭難ニュースが多いように思います。好天が続いたGW前半は遭難が少なく、早くから悪天が予想されていたGW後半は高山でも遭難者はほとんどいませんでしたが、逆に低い山での遭難が目立っている印象です。御岳山(奥多摩)での男
『ココヘリの説明を受けて、低山での山岳遭難ニュースに思うこと。』の画像

ファーストエイドキットに関しては僕は10年以上「これ」っていう中身が決まらずにいました。それでもここ最近、これくらいあれば何とかなるんじゃないかな~という装備たちが見えてきました。応急処置のための道具のみを厳選もしもの怪我のときに備えるとなると、ついつい色
『ファーストエイドキットの中身をアップデート…!』の画像

いつも装備の軽量化で考えてしまうのが、「エマージェンシー(緊急時)のキットをどこまで省略したらいいものか」ということでした。あらゆる事態を想定したらたくさん持っていくほうが良いですが、それでは軽量化にはなりません。本当に必要な装備の選び方を自分なりにまと
『エマージェンシーキットを再考することで見えてくるウルトラライトの本質。』の画像

まだ試作段階ですが、シングルバーナーの風防をちょっと変わった視点から作ってみました。でも使用に少し危険を伴うのでマネをしないでくださいね!従来の風防の問題点風防とは文字通り「風を防ぎ」バーナー(ストーブ)の炎の揺らぎを抑えて燃焼効率を安定させるためのもので
『自作山道具:絶対にマネしてはいけない風防づくり。』の画像

ご存知の方も多いかと思いますが、現在アマゾンではおそらく世界最軽量のシングルバーナーが出回っており、その重さ実に25g。非常にシンプルな作りですが、中国のBRS社という、ちょっと怪しげなメーカー製のようです。中国製を悪く言うつもりはありませんが、火器ですので安
『レビュー:中国製の超軽量バーナーをおそるおそる実用してみた。』の画像

僕がここ数年愛用している60リットルクラスのザックはもっぱらグラナイトギアの“ニンバストレース60”です。とにかく背負い心地が良くって、しかもデザインが僕好みでかっこいい…。そんなニンバストレースの魅力を語りたいと思います。ニンバストレース 背負い心地、フィ
『レビュー:GRANITE GEAR(グラナイトギア) のバックパック“NIMBUS TRACE 60(ニンバストレース60)”の魅力。』の画像

ソロ(単独)用のクッカーは世の中にいろいろ出回っていますが、僕はEPIgasの“バックパッカーズクッカーS”が、サイズ感、重さ、機能性…どれを取っても使いやすく、一番良いと思っています。しかもお値段も手ごろなのに、メイドインジャパンの品質という、まさに究極と言っ
『レビュー:究極のソロ用チタンクッカー“バックパッカーズクッカーS”』の画像

2015年の8月に福島・新潟・山形の三県にまたがる名峰、飯豊山(いいでさん 2105.2m)を縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2015年8月8日~8月12日(山中3泊)メンバー単独交通手段公共交通往路:JR磐越西線野沢駅まで
『山行記録:真夏の飯豊連峰縦走。』の画像

Twitterを見ていたら宇多田ヒカル「南アルプススパークリング」新CMに出演、新曲配信決定(音楽ナタリー)とのニュースが目に入りました。宇多田ヒカルさん出演の南アルプスの天然水CMといえばここ最近は「登山」をテーマにしており、僕のような山オタクは音楽ではなく、装備の
『宇多田ヒカル出演2018年4月新CM「南アルプススパークリング」に登場のバックパック。』の画像

僕は2017年の秋からPaaGo WORKS(パーゴワークス)の中型ザック“カーゴ40”を愛用しています。変幻自在に容量を変化させて様々なアウトドアシーンに対応できるところが気に入っています。これまで僕がカーゴ40を使ってきたシーンとその使い勝手をご紹介します。PaaGo WARKS
『レビュー:変幻自在のバックパック “カーゴ40” の底力。』の画像

前から欲しかったスマートフォンを自転車のハンドルに固定するアイテムを購入して、先日試してみました。すると、とっても楽しい!!MINOURA のPhone Grip (ミノウラ フォングリップ)iH-400-OS -スマートフォンを自転車のハンドルに固定するアタッチメントです。ハンドルバ
『サイクリングでスマホを固定してカーナビに!』の画像

↑このページのトップヘ