_20180913_213243
画像出典:Amazon
山を登っている人間なら、「子どもが産まれたらベビーキャリアに乗のせて登山したい」と思う人が少なからずいると思います。
実は僕も子どもが近々誕生するので、下見をしておこうと、登山用品店に実際にベビーキャリアを見に行ったときに聞いたお話です。



ベビーカーの代わりになるの?

首が据わっていない新生児にはベビーキャリアは使えません。産まれてすぐに使えない以上、通常の抱っこ紐や、ベビーカーの代わりにはなり難いと言えます。

ベビーキャリアは子どもがある程度育ったらベビーカーより機動力の面で優れていますが、背負うことに慣れていないと重いので、パパ専用となってしまいます。(ママが山ヤの場合は除く)

ママが背負うのが厳しい場合、結局ベビーカーはあったほうが良いということになります。


乗りたがらない、乗ると泣く赤ちゃんもいる

とは言え、山に背負って連れて行くとなると登山用ベビーキャリアがあれば便利ですよね。普通の抱っこ紐よりか荷重の分散が出来ますし、荷物もパッキングできるスペースがあります。

しかし、ここでひとつ問題がありまして、お店で聞いた話だと、ベビーキャリアの中に入れると泣いてしまう子もいるそうです。それでせっかく買ったのに使い物にならなかった…なんて話もあるそうです。

先走って買ってしまうより、まずは子どもの成長を待ち、それでも欲しかったり、必要に感じるならまずはお店で試着(試乗?)して子どもがベビーキャリアに耐性を持っているかどうか確認したほうが吉です。



普通のザックに入れて子どもを運ぶ!?

ここからはお店の人に聞いた裏技ですが、ベビーキャリアが無くともフレーム入りザックの雨蓋を取って、子どもをザックの中に入れてしまうという荒業があるそうです…。正直「そんなことできるんかい…!?」って感じですが…。

60リットルくらいのザックの雨蓋を外すと、1歳~2歳児くらいは収納可能で、中で立つ格好になるそうです。中で寝ることも出来ますが、かなり重く感じるらしいです…。

僕の想像ですが、ベビーキャリアのほうが圧倒的に荷重分散やバランスに優れていると思うので、この「ザック詰め込み式」はかなり肩の力が強い上級者向けだと思います…。

また、ベビーキャリアだろうが、ザック詰め込み式であろうが、必ずもう一人大人が付いていき、補助しないと危険とのことです。

ザック下ろして休むという行為も簡単に出来ないため、ストックで寄りかかって休むのがオススメらしいです。


OSPREY(オスプレー) ポコAG プレミアム OS50120 ブラック ワンサイズ









もし買うならオスプレーのポコシリーズですかね。デザインも良いし、使い勝手が良さそうです。



ベビーキャリア購入は見送り

上記のような話をお店で聞いて、我が家ではベビーキャリア購入は一旦見送りとなりました。

最初はかなり乗り気(主に僕が)だったんですが…ここまで論破されてしまうと考え直さざるを得ないですね。

詳しくは調べてませんが、レンタルなんてのもあるようです。

でもいつの日かベビーキャリアを手に入れて、息子を背負って山に繰り出してみたいです…。