20180825225917_IMG_0040
長野県民にはおなじみの信濃毎日新聞社から出ている『山の手帖』。普通のスケジュール帳として使えるのはもちろん、山好きには垂涎ものの超豪華な「付録」が目白押しです。

ちなみに僕は2018年版を人からもらったんですが、もらったことをすっかり忘れてて使わずに9月を迎えてしまいそうです…。



日々のスケジュール帳として

20180825225940_IMG_0041
1月スタートのスケジュール帳です。

一週間のスケジュールページには美しい写真が入っているんですが、なんとすべて違う山の写真が入っています。当然ながら全てほぼ長野県の山です。剱岳は富山ですが、ほぼ県境ということですかね(笑)



20180825225952_IMG_0042
季節の移ろい応じて山の写真も変わっていきます。山に行けないウィークデイはこの手帖を仕事で使って山の写真を眺めれば癒しになるでしょう!

さらに左の隅には日の出、日の入りの時間(長野市)が書いてあります。これで御来光を逃すことはないですね~。



20180825230649_IMG_0052
月ごとのスケジュールページには山道具のイラストが入っています。月別で全て違うものが挿入されています。



20180825230700_IMG_0053
12月は登山靴、1月はザック、2月はガスストーブとクッカー、3月は帽子、4月はテント…といった感じです。



20180825230552_IMG_0049
そして何より注目すべきは…山に関する記念日や記録がつぶさに書いてあるのです!
仕事中にこれを見て、山に思いを馳せてしまえば、もはや仕事になりませんね!



20180825230611_IMG_0050
こんな感じで月の出来ごとが書いてあります。マイナーなところもかなり抑えている気がします。



20180825230622_IMG_0051
カモシカが国の天然記念物に指定された日から竹内洋岳さんの8000m峰全山登頂まで。
5月はヒマラヤの登山シーズンなので記載事項が多いです(笑)。

ここまでは日々のスケジュール管理や仕事で使う手帖機能でした。次は山の現場で役立つ「豪華付録」の数々を紹介します。



山の便利帳として

20180825230009_IMG_0043
高山植物図鑑です。136種類もの高山植物の写真が掲載されています。
たいていの草花はその場で名前がわかっちゃいます。



20180825230026_IMG_0044
アルプスと八ヶ岳のパノラマ写真です。
これがあれば山座同定もばっちりですね。



20180825230038_IMG_0045
そして登山道コースタイムマップです。北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳の一般ルートはほぼ網羅しています。



20180825230056_IMG_0046
さらに山小屋情報まで!テント場や水場の有無はもちろん、生ビールの有無までをアイコンで早見できます!
携帯電話の電波情報もdocomo、au、softbankの3社を記載。
情報に漏れがありません…。



20180825230111_IMG_0047
さらにさらに、下山後に温泉難民にならないように、日帰り温泉の一覧もあります。
山域、エリアごとに書いてあるのでわかりやすいです。



20180825230127_IMG_0048
巻末には登山計画書もついてます。どこかで見たことあるフォーマットですね…。
コピーして使えますし、3枚あるので最悪切り取って直接書きましょう。



仕事と山のお供に

20180826125857_IMG_0058
さらに、カバーを裏返すとほぼ山だけデザインとなります。2018年版は荘厳な槍ヶ岳北鎌尾根です。2019年版は裏剱のようですよ。

サイズは縦187㎜×横135㎜×厚さ15㎜、重量は253g(実測値)です。

どうでしょうか?この至れり尽くせりの『山の手帖』…。

普段のお仕事で使えるので、仕事をしながら山を感じることができること間違いなし!ちゃんとスケジュール帳として使えるので上司に文句は言われることはないでしょう(笑)。山のこと考えすぎて仕事にならなくなるかもしれませんが…。

そして…山でも携行することで色々な情報がオフラインですぐに手に入ります。空いたスペースに記録やスケッチなんかを入れると良いかもですね。思い出にも残りますし、最高の山のパートナーとなるでしょう。


山の手帖2019
山の手帖編集会 信濃毎日新聞社
2018-09-30







おわり
2018年8月26日

にほんブログ村