1539603698721
高機能素材、タイベックでヘッドライトのケースを自作しました。
中でヘッドライトを点灯するとランタン代わりにもなります。



作るのに必要なもの

タイベックのソフトタイプシート
◆デュポン









タイベックとは高密度ポリエチレンシートで、薄いながら防水性、透湿性などの性能を持ったシートです。建築資材などにも使われています。



ショックコード
コードロック
以上です。



作り方

円柱状(丸底)のスタッフサックを作るのと同じです。寸法としては円柱の底面として、半径40㎜の円を切り出し、側面は縦170㎜、横250㎜で切り出します。

コードを通すためのスリーブを縫ったら、側面を縫い合わせてます。最後に底面パーツと側面パーツを縫い合わせます。

コードを通してコードロックを取り付けたら完成です。

めっちゃ省略しましたが、お手元のスタッフサック等の作りを参考にして下さい(笑)。ミシン推奨です。



ランタンになる!

20181015203158_IMG_0804
ケースとしてヘッドライトを収納できるのはもちろん、このケースの面白いところはランタンにもなるところです。



20181015203041_IMG_0802
タイベックのソフトタイプは非常に薄く、和紙のようになっているので、中で高輝度のヘッドライトを点灯するとやさしく光が広がります。



20181015202956_IMG_0801
絞り口がショックコードですので、ヘッドライト本体に固定できます。

ただ被せるだけではケースがフワッと取れてしまいますが、ヘッドライトと一体化することで床置きタイプのランタンとして安定します。



20181015203122_IMG_0803
また、ヘッドライトと一体化しているため、テント内で吊り下げることも出来ます。

真下しか照らさないビームライトも優しくテント内に拡散されます。



市販品との比較

PETZL(ペツル)ノクティライト E093DA00










市販品にはハードケースタイプのものがあります。タイベック製はあくまでただの袋なので、ハードタイプと比べると保護性能は無いに等しいです。

それでも軽量さと、和紙の提灯のような柔らかみのある灯りが出るのはタイベックならではだと思います。

なかなかの自信作です。