昨年(2018年)に「マグクッカー用の後付けヒートエクスチェンジャー」の自作を試みたんですが、ずいぶん放置してまして…。この度ようやく形になりましたのでご報告です。



前回までの試作品…

前回の記事はコチラ
前々回の記事はコチラ

前回までの試作(というか完成に至っていないので試作ですらないが…)は、ヒートエクスチェンジャーの蛇腹(フラックスリング)をなんとかしてクッカーの底に取り付けてやろうというものでした。



20180312213711_IMG_4773
こんなやつです。

この蛇腹をなんとかして鍋底に固定したかったのです。ジェットボイル(JET BOIL)的なものですね。鍋が熱を受ける面積を増やすという発想です。



20180321181148_IMG_4946
なんか付きそうな感じにはなりましたが…浮いている状態だし、パーツ多すぎるし、これでは熱がうまく伝わらないのでは?と思いまして。そもそもくっ付けるのが無理。

この形状はやめました。



今回新たに作ったヒートエクスチェンジャーは「腹巻き型」

今回新たに製作したヒートエクスチェンジャーは、名付けて「腹巻き型」です。MSRから発売されているヒートエクスチェンジャーと同タイプになります。

メカニズム的に、熱を受ける面積を増やすというより、保温的な感じでしょうか…。




ジェットボイル型を「底付け型」とするならMSR型はさしずめ「腹巻き型」です。クッカーの下部にぐるりと巻き付ける形になります。

これなら締め付ければ固定も可能です。やはり後付けするならこれですね。



ヒートエクスチェンジャー作り方

厚さ0.1㎜のステンレス板を縦33㎜×横370㎜にカットしたものを二つ作ります。



このサイズは特に意味はありません。ステンレス板の端切れが370㎜の長さだったのでこれを使いました。

切り出したステンレス板をひたすらつづら折りにしていきます。

最後に両端に穴開けパンチで穴を開けてボルトとナットで止めたら完成です。簡単ですね!!



20190106115404_IMG_1452
100均のボルトを使いましたが、粗悪品なので熱でメッキがとれてしまいます。ちゃんとしたステンレス製のものにしたほうが、のちのち錆びないので良いでしょう。



20190106115423_IMG_1453
ナットを緩めたりきつくしたりすることで、サイズを調整できるので、フィットさせることが出来ます。



20190106115436_IMG_1454
ひっくり返すとこんな感じです。かなり適当です。



果たして効果はあるのか!?

さて、実験タイムです。

実験概要

20190202172440_IMG_1648
使用ストーブ:EPI QUOストーブ(直噴型)
使用ガス:EPI 500パワープラスガス
実験方法:室温で水を300ml入れたマグクッカー(チタン製)をMAX火力で加熱。沸騰までの時間を計測。

結果は…?

ヒートエクスチェンジャーなし:02分44秒(123秒)
ヒートエクスチェンジャーあり:02分03秒(164秒)

やった!!!!!

なんと40秒近くも早く沸騰しました!!時間を約25%カットです。これを早いと思うか遅いと思うかは貴方次第ですが…。



考察と今後の課題

自作のヒートエクスチェンジャーでお湯を早く沸かせるっぽい…ということはわかりました。しかし、劇的に早いかといったらそうでもないです。

実用するに足る結果かというとそうは思えません。ま、こういうのは実用的かどうかのり、自作していじって遊ぶ過程が楽しいんですがね…。

でもどうせやるなら実用したくなるようなスピードになると嬉しいですね。目指せジェットボイル!!(笑)

と、言ってもマグクッカーサイズだとそもそも径や容量が小さいので効果に限度がありそうですが…。

今後は蛇腹を下に延長させたり、炎を直接当てる面積を増やし、熱をクッカーの胴回りに伝えて行くような形になったらどうかな?と思っておりますが…はたして今後も改良はするのかどうか…?続編は未定です。

一酸化炭素の発生や火の気が危険なのでマネするときはくれぐれもご注意を…。