絶対にマネをしてはいけない山歩き入門

登山・山歩き・アウトドアに関する雑多な情報を、独断と偏見を織り交ぜながら発信しています。お問い合わせはtwitterまで。

絶対にマネをしてはいけない山歩き入門 イメージ画像

2018年02月

知る人ぞ知る、アコンカグアという格安のザック(バックパック)ブランドの存在を僕は昨日まで知りませんでした。気になりすぎて調べてみました。購入してないのでレビューではないですが、海外旅行、縦走登山、学生にオススメ!“アコンカグア”は日本のザックブランド。画
『“アコンカグア”(Aconcagua)という日本の格安バックパック(ザック)を初めて知る!』の画像

登山やアウトドアでは重宝する“アマノフーズ”のフリーズドライ食品。いまやその美味しさは日進月歩で進化しています。僕も荷物を軽くしたい登山では積極的に使用ています。そのアマノフーズの新商品で面白そうなものが出たので、レビュー(食レポ)と超簡単アレンジレシピを
『“アマノフーズ”フリーズドライフードをアレンジして山飯の可能性を探る。』の画像

露で邦人学生ら保護“世界一寒い村目指す”(日テレNEWS24)というニュースが流れていました。それを見て僕が思ったことを書きます。学生の挑戦精神を無視した報道の仕方はいかがなものか画像は京都大学体育会サイクリング部公式サイトよりニュースの記事ではロシアの東シベ
『京大サイクリング部が冬季シベリア自転車ツアーを撤退した話。』の画像

現在盛り上がりもピークを見せている平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック。なんだかんだで僕もついついテレビを観てしまいます。するとテレビに映るキャスター、解説者たちの服装にアウトドアブランドが目立ってどうしても気になる。(織田信成さん、荒川静香さん、など…
『ピョンチャン五輪で織田信成さんの服装がエクスペディションすぎる。』の画像

イモトのザックどこかで見たことあるような気がして、調べたところ、どうやら“The 3rd eye chakra” (ザサードアイチャクラ)というブランドのようです。略称は“T3EC”。ブランド運営会社は株式会社エムール。イモトさんのInstagramにも紹介されてますイモトアヤコ公式Insta
『イッテQ(南極ヴィンソン・マシフ)のイモトのザックが気になった。』の画像

「アルコールストーブのゴトクを自作。」からの続きです。アルコールストーブの作り方は「アルコールストーブを自作した話。」をご覧ください。前回から基部の基本構造は変えずにゴトクの形状を変えました。一応作り方の手順をご紹介。まず、缶を切ります例によって適当です
『アルコールストーブのゴトクを自作。其の二。』の画像

「ハードシェルは防寒着ではない」という話を聞きまして、思うところを書きます。登山をする際の防寒、レイヤリング(重ね着)について、僕の経験からすると、ハードシェルだって防寒着だと思うのです。登山用の防寒着には二種類ある僕は、登山で着る防寒着は大きく分けて二種
『「ハードシェルは防寒着ではない」ということは無い。』の画像

偉大な哲学者パスカルは言った「人間は考える葦」であると。しかし僕はこう思うんです…「人間は考える脚である」先月(2018年1月)に金峰山(奥秩父)を仲間と登ったんですが、マイカーが無く、レンタカー運転するのも面倒な僕らはいつも通り公共交通を利用して行ったわけで
『「人間は考える脚である。」山歩きは人間の本能?』の画像

冬季から春先にかけてアウトドアで活躍したそうなミッドシェルパンツ、“フロウラップパンツ”の使い勝手や使用感、使い道をご紹介します。finetrack (ファイントラック)というメーカーファイントラックは神戸に本社を置く、日本の山岳ウェア・ギアメーカーです。聞くところ
『レビュー:ファイントラック(finetrack)の“フロウラップパンツ”が絶妙に使いやすい!』の画像

冬山をやってみたいけど、どうすれば…という人へ。そもそも冬山ってどうやって始めればいいの?そもそも冬山ってなんだ?冬山とは…冬の山ですね。…えっ?答えになってない?そんなことはないです。冬山は冬の山です。12月~2月くらいの山ですよ。だから東京の山手線内でも
『冬山を始めるなら、自分が死ぬ想像をしてみたほうがいい。』の画像

「登山なんて、なんの役に立つの?」そう言われても胸を張って答えられるように…。登山をやっていると人生のあらゆるシーンで役に立つと思うんです(笑)ええ、全部僕の持論です。就職に有利なはずだ登山をやっていると就職に有利なはずなんです。「パーティ登山論。」でもパ
『登山は人生で役に立つのかという問題。』の画像

以前、「単独行論。」というタイトルの記事を書いたときに単独行のリスクについて羅列しました。今回は単独の反対「パーティ(隊)登山」について考えてみます。メリットとデメリットがあると思いますが、僕は複数で行くのも単独で行くのも両方好きです。それぞれの良さがあ
『パーティ登山論。』の画像

「アルコールストーブを自作した話。」からのつづきです。エナジードリンク缶から作るアルコールストーブに最適なゴトクを自作しました。市販品で対応は出来そうなんですがゴトクまで自作にこだわってみました。作り方を簡単にご紹介。作り方①:ゴトクを作るゴトクはハンガ
『アルコールストーブのゴトクを自作。』の画像

↑このページのトップヘ