赤ちゃんの腰が座ってから使えるモンベルの抱っこ紐が軽量コンパクト、かつ「ザック的」でとっても使いやすい。



コンパクトな抱っこ紐はあると重宝する

これは登山を全くやっていない人にでもオススメしたい。子育てを始めたばかりの全ての人、モンベルの抱っこ紐は一家にひとつ、持っておいて損はない。

腰が座ってから(生後6ヶ月くらい)じゃないと使えないので、新生児のメイン抱っこ紐には向かないけど、その後のサブ用の抱っこ紐としてはパーフェクトな存在。

ゴツい抱っこ紐を腰にブラブラさせながらベビーカーを押しているママさんをよく見かける。ご機嫌が良ければベビーカーに乗せ、抱っこをせがまれたら抱っこ紐に入れる…。大変なことだ。

また、歩けるようになって、自分で歩きたいと言う割にすぐに疲れて抱っこをせがむこともある。抱っこ紐を持っていってないときは腕だけでの抱っこになる。2歳くらいになるとかなり重たい。大変なことだ。

皆、そんなときはコンパクトでしっかりと荷重分散ができる抱っこ紐があれば…と思うのではないだろうか?



mont-bell(モンベル)ポケッタブル・ベビーキャリア

FullSizeRender
そう、モンベルのポケッタブル・ベビーキャリアがまさにそれなのだ。両手の平に納まるくらいのサイズにたためて、アウトドアブランドならではの機能が詰まった抱っこ紐だ。



IMG_0928
生地が薄めだが登山用リュックのように丈夫。そして何より背負いやすい。赤ちゃんに接する部分と自分のウエストハーネスの裏側は柔らかいメッシュで通気性とクッション性がある。

ハーネスの長さを二箇所のストラップを引くことで調整可能。赤ちゃん側についているストラップは前抱っこのときに引きやすくなっており、おんぶのときはザックのようにショルダーハーネスのストラップを後ろに引くようになっている。



登山用リュックの機能性を活かした構造

IMG_1066
前抱っこをしているとまさにザックを前で抱えているのと同じような感じ。重さが腰と肩にちょうどよく分散されている。



IMG_0923
チェストストラップの構造はまさにザックそのもの。



FullSizeRender



IMG_0914



IMG_0920
首を安定させるフードもあらかじめ収納されている。付け外しも簡単。



超軽量コンパクト

IMG_0929
他の抱っこ紐メーカーと比べたら類を見ないほど軽量でコンパクトだ。

背中側のポケットにぐいぐい押し込めばポケッタブルになる。収納の仕方は難しくなく、乱暴に押し込んでも入ってしまう。

サイズは両手の平にすっぽり収まるくらい。



FullSizeRender
重さは383g。軽い。これならベビーカーと併用で持ち歩けるし、いざというときに忍ばせておいても嵩張らない。



アウトドア用途ではなく、街用で真価を発揮

以前、背中で背負う背負子タイプのベビーキャリーを紹介したが、あれは子供を連れて登山やアウトドアに行くためのもの。この抱っこ紐はそこまでの堅牢さは無く、山を歩くのには適していない。街用の製品だ。


だが街でちょっと使ったりする分にはこの上ない利便性を持っている。登山をしたことがない人でもこれは便利なアイテムだと思う。



おわり
2019年12月26日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング