冬山をやってみたいけど、どうすれば…という人へ。そもそも冬山ってどうやって始めればいいの?

そもそも冬山ってなんだ?

1601274_698710140169329_1990827959_n



冬山とは…冬の山ですね。

…えっ?答えになってない?そんなことはないです。冬山は冬の山です。12月~2月くらいの山ですよ。

だから東京の山手線内でもっとも標高の低い「箱根山」(標高44.6m)を1月に登っても冬山登山ですよ。

…えっ?そういう山ではない?そうですね。では1月に標高3,776mの富士山を登っても冬山登山です。

冬富士は風が凄まじく、アイゼン(登山靴に付ける爪)が刺さらないくらいのアイスバーンになります。まあ危険きわまりないです。行ったことありませんが。

先に挙げた箱根山は1月になっても通常はアイスバーンにならないし、風速40mの風も吹きません。なぜでしょうか。そこには決定的な違いがあります。天候です。

冬山登山をするために必要なのは、その山が夏と比べてどのように天候が変化するのかを知るということです。


冬山=雪山ではない


よく冬の時期に山に行こうとすると周りの人から「雪山でしょ?危ないんじゃない?」と言われたりします。逆に、山を登らない人で5月の山に雪がたくさんあると思っている人は少ないはずです。

そう、冬山=雪山ではないのです。

冬山に登るなら、標高の違いや、気圧配置によって、それぞれの地域の山がどういった気候の変化をするかということは大体知っておくべきということです。

すっごく簡単に言えば冬型の気圧配置のときは北アルプスや日本海側の山は大荒れで、南アルプス、奥秩父など、太平洋側の山は比較的晴れます(風は強いですが)

平年の12月の奥多摩・雲取山ならば、南側の鴨沢登山口から登ればほとんど雪はありません。
山頂から先の北側斜面が凍結している程度です。もちろん年によって異なります。
雲取山だって2,000mを超す山ですので冬は雪がもっとあるのではと思っている人もいるかと思います。もちろん、1月~3月につれて雪は増えていきますが…。



15822882_1451598384880497_1017238108595830535_n
これは12月下旬の雲取山です。朝霧で霧氷ができて、地面に霜も降りてますが、積雪はありません。



冬山でなくても3~5月の残雪期にあたる山も雪山扱いになります。5月の白馬岳で吹雪いて大量遭難ということも実際ありました。



13502013_1230556543651350_1479193833352073683_n
これはゴールデンウィークの北アルプス白馬大池です。8月ごろは美しい水を湛えてますが、5月の上旬は湖全面が雪に覆われた別世界です。



冬山登山にこう言った天気の知識が必要になってくる理由は、冬山登山の難易度は積雪や天候によって大きく変わるからです。




冬山登山の始め方とは


冬山を始めるのに道具とかそんなんはどうでも良いんです。
いや、どうでもは良くないです。言い過ぎました。

しかし、冬山で貴方の命を奪うのは天候です。(雪崩も広義で気象現象としましょう)

まずは冬山の攻撃力を把握してこそ、防御(装備・道具)をどうするか考えるべきです。

今の自分の体力+装備-天候の悪さ=マイナスの値

だったら冬山は止めたほうが良いです。勝てません。これは夏山も同じですが。

でも夏山のほうがこの計算はどんぶり勘定でも大丈夫です。夏山はそう簡単には死にません。死ぬときは死にますが。

ところが冬山はすぐに死にます。風雪に遭ったらひとたまりもありません。
娘さんよ、山男に惚れるなよ。山男が風に風に吹かれれば若後家さん…という歌もあるくらいです。

だから冬山を始めるには、まず冬の天気、すなわち敵の攻撃力を理解するところから始めましょう。

そしてレベルの低い山から順番に登りましょう。ガイドブックが詳しいですが、下の本は「冬山登山」ではなく「雪山登山」であり、雪がある山を前提に書いてあるのでご注意。

まずは冬の天気(春の天気も)を理解して、雪がある冬山・春山、雪の無い冬山の違いを知りましょう。そして雪が無いと言われる冬山から登るのがおすすめです。雪がなくても山は寒いですから。



こういうハウツー本を読んで、山の状態の想像が出来るようであれば良いですが、雪山のなかにいる自分が想像出来ないのなら止めたほうがいいです。まだ夏山の経験が足りないかもしれません。


自分が死ぬシチュエーションをいくつ想像できるか


前回「登山は人生で役に立つのかという問題。」でも書きましたが、登山ではリスクを回避するために想像力を働かせます。そしてその力が身に付きます。

冬山は単純にリスクが増えてきますので、その山が冬になったらどれくらいの風が吹いて、どれくらいの雪があって、どれくらい雪崩の危険性があるのか想像ができる範囲の山にとどめておくのが良いでしょう。

その上で、そういう環境なら、どんな装備を選べばいいだろうか…という段階に進むべきだと思うのです。

もちろん、想像しても的はずれだったり、想像力が足りなかったらダメですよ。

少年チャンピオン連載の人気格闘漫画「範馬刃牙」の主人公刃牙並みに「イメージトレーニング」をしたほうがいいんです。





自分が冬山のなかで死ぬシチュエーションをいくつも想像し、そのシチュエーションの以外のシチュエーションになるような行動を取れば、死を回避することに繋がりますから。

ちなみに、僕は自分の体力と技術を考慮して、冬は一般ルートしか登りませんし、冬でも山小屋が空いていて晴天率の高い八ヶ岳くらいしか登りませんので悪しからず…。
無茶をしないことこそ“護身開眼”です(渋川剛気)


2018年2月9日

追記:天気ばかりじゃなく読図も必須


天気の話ばかりしてしまい、読図のことが抜けていましたが、これも最低限のスキルです。

トレース(足跡)がある山でも降雪直後は道を見失う可能性があります。

また、ホワイトアトしてしまったときの対処法など…色々対策はてんこもりです。

まあこれらも天候(雪)に起因するものなのですが。。