アルコールストーブのゴトクを自作。」からの続きです。
アルコールストーブの作り方は「アルコールストーブを自作した話。」をご覧ください。

前回から基部の基本構造は変えずにゴトクの形状を変えました。

20180218200813_IMG_4700


一応作り方の手順をご紹介。


まず、缶を切ります


20180218182229_IMG_4690

例によって適当ですが、缶の高さは4㎝に設定。

切り口は折り返しておきます。



穴を開けて針金ハンガーを通します


20180218190610_IMG_4693



缶の下部には切り込み、上部はリューターで穴を開けました。その二ヶ所の開口部に針金のハンガーを通します。

針金は差し込んでいるだけですが、缶に挟まれているのでよく固定されています。



適当にゴトクを折り曲げて完成!


20180218193437_IMG_4698

今回はこのような形にしました。コンパクトでスタイリッシュなデザイン!(笑)

ゴトクは折り曲げる過程で、最終的な高さを揃えるのが大変ですが、まあ何度か調整すればできます。

上にのっているのはEPIgasの“シングルチタンマグカバーセット”です。(容量330ml)

蓋つき、軽量なチタン製で、3,000円ですので、マグクッカーとしてはかなりコスパが良いので個人的にオススメです。







20180218193636_IMG_4699

たたむとコンパクトになり、EPIのプラスチック製ストーブケースにピッタリ収まります。まだ余裕があるので燃料も入りそうです。



20180218200828_IMG_4702

ウルトラライトハイク(ULハイク)にピッタリなアルコールストーブ。

チタンマグとセットでミニマリストなクッカーセットの出来上がりです。


しかしすでに他のゴトクの構想があるので、次回につづきます。


ちなみにアルストにぴったりなストーブケースはこれ↓

2018年2月18日