マムートのビジネス用バックパック“セオントランスポーター”(Seon Transpoer)を僕は一年使い続けていますが、これはアウトドアブランドで最高のタウンユースザックだと思います。



オフィスからクライミングジムへ

20180301015255_IMG_4714
写真は筆者私物。カラーは「チタニウム」。まず見た目がカッコイイ。

マンモスがトレードマークの“マムート(MAMMUT)”スイスのクライミング・アウトドアブランドの老舗です。

“Seon”はマムートのオフィスがあるスイスの街の名前。セオンシリーズはそんなアーバンなアウトドア派の人たちにぴったりなコンセプトで2017年春にリリースされました。

セオンシリーズのひとつ、セオントランスポーターのサイズは26リットル。そしてセオントランスポーターの最大の特徴は2つのコンパートメント(気室)があるところです。

このバックパックのコンセプトはオフィスとクライミングジムを繋げるというところにあります。仕事帰りにジムに寄って登る人を想定してます。まさにアーバンアウトドアマン向けです。

僕も多少はボルダリングをやっておりまして、特にセオントランスポーターを買った当初はよく行ってました。

ボルダリングやクライミングを上達するためには週2~3回くらいは通わないといけないと言われています。そうすると必然的に社会人は仕事終わりにジムに行くことも多くなるのですが、

ひとつ問題となるのが、着替えやシューズの収納をどうするかです。

従来のビジネスバッグだとどうしてもクライミング道具は入りにくい。臭いや、チョークの汚れも気になるところなので、仕事道具と一緒に仕舞うのも抵抗がある…。

そんな都会のクライマーの悩みをスタイリッシュに解決してくれるのが“セオントランスポーター”です。



クライミングコンパートメントとワーキングコンパートメントの2気室構造

20180301014742_IMG_4711


片側側面から見ると、背中側に「WORK」外側に「CLIMB」の文字があり、それぞれにノートパソコンなどのビジネス用品、クライミングシューズなどのクライミング用品を分けて収納できるのです。

これにより、着替え、シューズなどのクライミング用品とノートパソコンや書類などの仕事道具を分けて収納することが可能となっています。

まさに「ワークライフバランス」の均衡のためのバックパック!



20180301014423_IMG_4705

「クライミングコンパートメント」を開くとこんな感じです。中の生地はグリーン。

シューズ入れも内蔵されています。シューズは正直汚いし臭くなるので、こういう隔離スペースは有り難いです。

スーツケースのような作りなので着替えも入れやすい。

メッシュの小物入れもあります。



20180301014641_IMG_4709

「ワーキングコンパートメント」の内部はオレンジの生地。フリース生地の緩衝材の入ったノートパソコン収納スペース、タブレット収納スペースがあります。

他にペンを差すスリーブ、メッシュポケットもついてます。



ビジネスに限らず、便利な収納スペース満載


20180301014553_IMG_4708

シンプルな見た目とは裏腹に収納に便利なのがセオントランスポーターのもうひとつの魅力。

上部には止水ジッパーを使った小物入れがあり、サイフや手帳、名刺入れ、携帯電話、スマホの収納に適しています。



20180301014851_IMG_4712

背面外側にも止水ジッパーの収納スペースがあり、色々入ります。メッシュポケットも内蔵。



その他:素材、背負い心地、欠点など

素材
主な素材に耐久性・防水性の高いバリスティックナイロンを使用しているのでハードに使えます。


背負い心地
ショルダーハーネスが人間工学に基づいてカーブしているため、チェストハーネスが無いにもかかわらず、肩からずり落ちることはありません。
チェストハーネスを省いてあるおかげで見た目がスッキリしてカッコいいんです。
また、背面はもちろん、ショルダーハーネスにも柔らかいメッシュパッド素材が使用されているのも背負い心地を良くしています。


しいて欠点を言えば…
表面のコーティングが経年で加水分解するかも…?という不安と、ショルダーハーネスの余りが長いのでやせ形体型の人は切ったほうが使いやすいかもしれません。あとは複雑な内部構造ゆえか、容量のわりにはサイズがデカく感じます。
(28.5センチ×49.5センチ×12センチ 重量1,020グラム)



兄弟モデル:“SEON 3-WAY ”登場




セオントランスポーターの後継?改良モデルがこの春発売のようです。

名前の通り、形と機能はセオントランスポーターのままで、3ウェイバッグとなっており、リュック、手提げカバン、ショルダーバッグとして使えるので、よりビジネスシーンに対応している印象です。

しかしサイズが18リットルとセオントランスポーターよりも小型化しており、ショルダーバッグにこだわらなければセオントランスポーターでも十分なように思えます。


以上、セオントランスポーターのレビューを書きましたが、このザック、見た目もカッコイイし、機能的だし、その機能さ故にまたカッコイイし…タウンユースのザックとしては僕史上一番気に入っています。当分買い換えはしないでしょう…。おススメです。




2018年3月1日



にほんブログ村