最近どうも山に行ってないので、どうしてもこんな記事が多くなりますが、お花見だってデイキャンプみたいなものです。まさに「ゆるキャン」の世界です。そこで、我が家にある「お花見で使えそうなアウトドア・登山ギア」を整理がてらにご紹介します。


“ヘリノックス(Helinox)”だけじゃない!お値打ちキャンプチェア


IMG_4725


お花見であると一番便利なモノ、それは「椅子」ではないでしょうか。

でも、「車で行くキャンプならまだしも、電車で行くことも多いお花見にわざわざ「椅子」を持っていくのはちょっと重量的に嵩張るのでは…」と思っているそこの貴方。いまどきは持ち運びに便利な軽量コンパクトなキャンプチェアがたくさんあるのです。

その総重量は軽いものでだいたい800グラム前後。1キロを切っていれば持っていくのも億劫でないかも。組み立て方も簡単でジュラルミンのフレームをテントのポールのように組み立てて椅子の生地を張るだけ。

代表的なブランドは“ヘリノックス”ですが、これがお高い。ヘリノックスの人気ナンバーワンモデル“チェアワン”ですが、お店で見ると、だいたい12,000円くらいします。アマゾンなら結構安いようです。







お店の人(L‐Breath)に聞くと、やはりヘリノックスは修理依頼がほぼ無く、しっかり作られているようです。

でもお高かったので僕は値段が安いものにしてしまいました。



IMG_4725


Whole earth(ホールアース)の“ジュラルミンコンパクトチェア”です。
僕のは現行モデルではなく、前のモデルで割引になっていましたのでお店で5,000円くらいで購入しました。

見た目はヘリノックスまんまですが、店員さん曰く、ヘリノックスのほうが丈夫とのこと。まあそんなにハードに使わないしヘリノックスの半額とあれば十分使えると判断し、購入しました。



レビュー:Whole earth(ホールアース)の“ジュラルミンコンパクトチェア”


お値段には満足ですし、重量も880グラムでヘリノックスより10グラム軽いのです。

この重量なら山登りでも無駄に背負っていけそうです!

座り心地も良いので自宅で普段使いをしていたら、なんとおしりの荷重がかかる部分の縫い目がほつれて裂け始めてしまいました…!



IMG_4726



「これはいかん」ということで、瞬間接着剤でガチガチに固めて補修しました。

やはりお値段がアレですとそれ相応の作りということでしょうか。しかしヘリノックスを持っていない僕には比較しようがないのですが。でもまあアロンアルファでしっかり固まっているし、それ以外は問題ないので十分コストパフォーマンスは良いと思っています。アロンアルファ恐るべし。


しかし、世の中にはもっと安いコンパクトキャンプチェアが存在したのです…。


レビュー:PONCOTAN(ポンコタン)“ウルトラライト フィットチェア”





“PONCOTAN (ポンコタン)”という謎のブランドのコンパクトチェアです。

なんとアマゾン価格3337円です。ヘリノックスの約3分の1価格ですよ…。しかも重量870グラム!

怪しげなブランドだろうが、有象無象の安いモノが集まるのがAmazonの醍醐味です。

これは試しに買ってみても後悔しない価格なのでさっそくポチ。


IMG_4728

IMG_4727

収納サイズも11×34センチ。
強度ですが、メーカー曰く耐荷重120kg、まあよっぽど巨漢でなければ大丈夫そうです。
カラーバリエーションが6色と豊富なのも魅力です。


気になる点


IMG_4730

・形状はホールアースのものよりやや正方形に近い形で少しスタイリッシュさに欠けます。



IMG_4731


・生地は結構薄いです。ホールアースと比べると、ホールアースのものはナイロン状の網戸のようなメッシュですが、ポンコタンの格安チェアは衣類に使われそうな柔らかいメッシュです。穴とかすぐに開きそうです。



IMG_4734

・椅子のフレームの付け根の枝分かれしているプラスチック部分がねじ止めされていないです。これは強度的に変わるんでしょうか…

・ヘリノックスやホールアースのように収納ケースを椅子の脚に取り付ける用のカラビナが付属してません。



IMG_4732

・あと組み立てで座る生地部分をフレームに張る際、比較的力が要ります。


結論から言うと、よっぽどこだわらなければ完全にコスパ最強商品だと思います。座り心地は良いですし、気になる点はありますが、それを相殺できるほどのお値段なので、僕には十分ですね。



まとめ


コンパクトチェアはキャンプのみならず、お花見、フェス、なにかの待ち時間など、色んなシーンで使い道があると思います。

しかし実は僕、まだ外で使っておりません(笑)

いや、実際はバルコニーでキャンプごっこをしてましたが…。

これから本格的なキャンプシーズンなので是非ともフィールドで使いたいですが…使う機会はどれほど訪れるのか…!?

アウトドア用品は増えれど、使う時間を作れない…それが人生の難しいところです。

おわり

2018年3月3日




にほんブログ村