1528343219911
2016年夏、僕は槍ヶ岳の北鎌尾根稜線で一文無しになったことが判明し、たった一人で絶望していました。絶体絶命のなか、最善の装備と幸運と水と太陽と人の縁のおかげで生還したときの感動のストーリーです。



第一のアクシデント


2016年の8月、僕は高瀬ダムから湯俣温泉を経由して水俣川を遡行し、北鎌沢から北鎌のコルを目指しました。北鎌の記録についての詳細は 槍ヶ岳北鎌尾根クラシックルート単独行。 に書いてます。

水俣川は徒渉が多かったものの、天上沢に入ってからは簡単な沢登りだったので、ルート的には大きな問題はありませんでした。しかし、ここで最初のアクシデントに遭います。

一人でひたすらジャバジャバ川の流れを歩いたりしながら、僕は防水のデジカメで写真を取っていました。スマホも防水なのでズボンのポケットに入れており、時折良い景色のときはスマホでも写真を撮っていました。

普段の沢登りだとスマホはポケットではなく雨蓋に入れていますが、このときは歩きなのでズボンポケットで十分だと思っていましたが…気付いたらスマホがあるはずの左ポケットがやたらとスカスカなことに気づいたのです…。一瞬頭が真っ白になりました。この旅の最初の絶望でした。

しかしそのときの僕は冴えていましたし、運が良かったのです。すぐに「あ、あそこだ!」とスマホを落としたと思われる地点を割り出しました。数十分前に通過した際、水溜まりで滑って尻餅をついてしまったところがあったのです。スマホがポケットから出そうなのはそこくらいしからないし、もし仮にその地点にスマホが落ちているなら流されずにまだ水溜まりにあるかもしれない…と思い、一度引き返すことにしました。とは言え、不安でした。もしその場所に落ちてなかったら…。

落としたと思われる場所に戻ってくると、スマホはありました。水没してましたが完全防水なので無事です。唯一転倒した場所で地形も覚えてましたし、想像通りの形で落ちてました。ひと安心です。しかし、このスマホが見つからなかったらもっとひどい最悪の事態になるということを、このとき僕はまだ知らなかったのです。



P8120839
京セラのTORQUE の防水は良いぞ

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2196156402726626"
data-ad-slot="9997308555">


本当の悲劇


悪いことは続くと言います。二つ目のアクシデント、いや、この旅での最大の悲劇と呼んだほうがいいでしょう。それが起きたのは北鎌沢を北鎌のコルを目指して登っている最中でした。

スマホを無事に回収した僕は、時間をロスしたものの、なんとか北鎌沢の取り付きである広い河原に出ることができました。あとは北鎌沢を登るだけ。もうひと踏ん張りでした。

北鎌沢を7割、8割くらい登った頃でしょうか。ザックから記録のノートを取り出そうとしたときでした。ノートを入れていた防水サックが見当たりません。そしてノートを入れていた防水サックのなかには財布も入っていました。雨蓋を引っくり返しても何処を漁ってもありません…。

あれ?財布がどこにも無い…。

財布には家の鍵も取り付けてありました。本当の絶望を味わいました。僕の不安をかきたてるように日は傾きはじめ、北鎌沢は薄暗くなってきました。

スマホのときと違って今回はどこでなくしたかパッと見当が付きませんでした。もう北鎌沢もだいぶ登ってますし、今から降りて探すのは現実的ではありません。なにより北鎌沢は下降するには急斜面過ぎて危険を伴います。そう簡単に降りることもできないのです。

とにかく、登ることにしました。まずは無事に北鎌尾根を突破して上高地に降りて考えようと思ったのです。

遭難したわけではありませんが、実質遭難したかのような気分でした。



上高地から助けを呼ばないといけない


最初にスマホを落としたときに本当に見つかって良かったと思いました。単独でスマホも財布も無ければ本当に道行く人に助けを乞うしかありません。ただ、北鎌尾根では道行く人もほとんどいませんが…。

とにかく連絡手段さえあれば、上高地から誰かに連絡をして助けに来てもらえる可能性はあります。助けが来なかったら上高地から脱げ出せずに山でテント生活を続けないけないハメになってしまいます…。上高地生活には憧れますが、上高地ホームレスはごめんです。

北鎌のコルでツェルトを設営して、寝るまでの間に、SOSをかけたら助けに来てくれる人がどれくらいいるだろうとか色々考えました。

幸いなことに、友人が一人上高地のホテルで働いていたため、まずは頼ってみるしかないと思いました。ただ今シーズンも働いているのか、今いるのか等の詳細は聞いてみないとわかりません。あとは長野県内にいる親戚知人に声をかけてお願いするしかありません…。どちらにせよ人に迷惑をかける形になってしまいますが、ここは土下座してでも頼むしか無い状況でした。



財布はどこで落としたか?


また、当然「財布はどこで落としたか」という問題にも考えを巡らせました。財布にはカードはもちろん家の鍵まで付いてるのでなんとしてでも見つけたい…。

山行中、財布を出すシーンは今回のような山では皆無であり、有りうるとしたら一番最初のテント場が怪しかったのです。なぜなら…最初に湯俣温泉から水俣川の吊り橋に入るとき、不覚にも雨蓋のジッパーが開いていることに発覚したのを思い出したからです。

雨蓋が開いていることに気づいたときは何も落ちてないことを確認したのですが、このとき財布は別のところにしまったと思い込んでいましたのでノーマークでした…。この湯俣温泉から水俣川吊り橋までの間で財布が落ちた可能性が極めて高かったのです。湯俣温泉から水俣川の吊り橋は短い距離ですが、二回吊り橋を通過するため、そこで落ちていたら川にドボンでアウトです。可能性として願うことはテント場でザックを背負うときに遠心力で抜け落ちたという可能性ですが…。

きっとテント場にあるに違いない。しかしなぜ僕はテント場忘れ物チェックをこのときだけ怠ったのか…後悔先に立たずです。電波が入ったら晴嵐荘にも連絡してテント場を確認してもらわなくては…。

ただ、ここでひとつ根底を揺るがす問題があったのです…。スマホのバッテリーが切れそうだったのです…。

人と連絡が取れなかったら終わる…。せっかく落としたスマホを回収できたのに…。

三日目の朝にはバッテリーはゼロになっていました。



ソーラーパネルが救世主に


P8120869


こうなることを予想していたわけではありませんが、このときソーラーパネルを持参していまして、これでめちゃくちゃ助かりました。


三日目は北鎌の核心部をひたすら通過していたわけですが、この間ずっとザックにソーラーパネルを取り付け、バッテリーに充電をしていました。幸いにも天気はとても良かったのです。

北鎌尾根を抜け、槍ヶ岳山荘に着いた頃、スマホのバッテリーは60%ほどまで回復しました。これで何とか人と連絡を取ることが可能になったのです。

槍ヶ岳山荘では飛騨側でauの電波が入りますのでまず知人たちにSOSのメッセージを送りました。そして晴嵐荘にも電話を試みますが下界の事務所にしか繋がらず上の小屋のことはわからないという解答でした…。七倉山荘には伝えてくれたようです。

あとは上高地に下り、良い返事を待つのみです。槍ヶ岳山荘から上高地のまでの行程ではかなりグロッキーになり、途中で豊富な水を飲みながらなんとか歩きました。上高地到着時にはすでに行動開始から13時間が過ぎていました。

上高地では小梨平キャンプ場に事情を話し、隅っこで無償でツェルトを張らせて頂きました。感謝です。







数々の幸運が重なり、まさに僥幸としか言いようがない


晴嵐荘はネット環境はあるようで、翌朝Facebookでもメッセージを送ってみました。



screenshotshare_20180606_230545

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2196156402726626"
data-ad-slot="9997308555">


七倉山荘から連絡がいっていたようですが、テント場にあるのかどうかはまだ不明の様子でした。せめて安否をしりたい!

上高地ではなんとホテル勤務の友人と連絡が取れ、沢渡まで車で送ってもらえることになりました。まさに僥幸としか言いようがないことです。さらに沢渡には付き合っていた彼女(今の奥さん)が来てくれることになり、まさに感謝としか言いようがない事態になりました。

そしてなんと、そのまま七倉山荘へ突撃し、財布を回収することになりました。七倉山荘から上は高瀬ダムまでマイカー規制なのでタクシーです。さらにそこから平地とは言え片道2時間ほどで晴嵐荘です。2日前に来たばかりのこの地にまさかまた戻ってくるとは…。

彼女もついてきてくれましたが、もし財布が無かったらどうしようという不安は最後までありました。僕の見立てでは8割の確率でテント場にあると踏んでいましたが…。

晴嵐荘に着いたら2日前にツェルトを張っていた場所にダッシュ!そして…それはすぐに見つかりました。オレンジの防水サックがありました。中身も無事でした。

沢渡まで迎えに来てくれてここまで付いてきてくれた彼女に感謝し、沢渡まで送ってくれた友人との縁に感謝し、ソーラーパネルで 充電できた太陽に感謝し、歩き通すための豊富な水にも感謝しました。無事北鎌を越えたこと以上に困難で、あらゆる幸運が重ならないと辿り着けない道のりでした…。

まさに悟りが開ける境地でした。
うまく言えませんが、人は独りじゃ生きられないし、他者とか自然とか運に支えられながら生きるもんだなあと強く実感した体験でした。

しかし何が一番大事かというと、テント場(休憩場所)から出発するときの忘れ物指差し確認は絶対に怠ってはいけないということですね…。



おわり

2018年6月6日



にほんブログ村