絶対にマネをしてはいけない山歩き入門

登山・山歩き・アウトドアに関する雑多な情報を、独断と偏見を織り交ぜながら発信しています。お問い合わせはtwitterまで。

絶対にマネをしてはいけない山歩き入門 イメージ画像

登山

2012年の8月に北アルプスの早月尾根から剱岳北方稜線を経由して水平歩道を抜けて欅平まで縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人(僕、まーくー)交通手段(登山口までの
『剱岳北方稜線―試練と憧れ―』の画像

2011年の8月に北アルプスの槍ヶ岳から大キレットを経由して奥穂高岳、ジャンダルム、西穂高岳までを縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2011年8月11日~8月13日(山中2泊)メンバー男二人交通手段(登山口までのアプロ
『槍ヶ岳~大キレット~奥穂高~ジャンダルム~西穂高鬼縦走。』の画像

ビクトリノックス(VICTORINOX)と言えばスイスのポケットナイフ・マルチツールの世界的ブランドとして有名です。沢山の機能と種類がありますが、滅多に使わない機能もありますし、それどころか用途不明なものもあります。これらが山で本当に役に立つのか検証してみました。ビ
『ビクトリノックスの登山における実用性と使い方の検証。』の画像

ぎりぎり昭和生まれの「ゆとり世代」第一号。大学時代から登山・アウトドアアクティビティを始め、はや12年。結婚を機にライフスタイルも変わり、山に行ってばかりでは無くなりましたが、そのかわりに自分の経験をシェアし、登山の素晴らしさを他者に伝えるためブログを開設
『プロフィール。』の画像

「アルコールストーブのゴトクを自作。其の二。」からのつづきです。今回は100円ショップの魚串を使った簡単なアルコールストーブ用のゴトク製作をレポートします。強度もあるし、折り畳めます。テキトーに作ったわりには、かなり良い出来だと思っています。ネット(YouTube
『魚串で簡単に自作できるアルコールストーブ用ゴトク。』の画像

2018年ゴールデンウィークが終わり、今年は低山の遭難ニュースが多いように思います。好天が続いたGW前半は遭難が少なく、早くから悪天が予想されていたGW後半は高山でも遭難者はほとんどいませんでしたが、逆に低い山での遭難が目立っている印象です。御岳山(奥多摩)での男
『ココヘリの説明を受けて、低山での山岳遭難ニュースに思うこと。』の画像

ファーストエイドキットに関しては僕は10年以上「これ」っていう中身が決まらずにいました。それでもここ最近、これくらいあれば何とかなるんじゃないかな~という装備たちが見えてきました。応急処置のための道具のみを厳選もしもの怪我のときに備えるとなると、ついつい色
『ファーストエイドキットの中身をアップデート…!』の画像

ご存知の方も多いかと思いますが、現在アマゾンではおそらく世界最軽量のシングルバーナーが出回っており、その重さ実に25g。非常にシンプルな作りですが、中国のBRS社という、ちょっと怪しげなメーカー製のようです。中国製を悪く言うつもりはありませんが、火器ですので安
『レビュー:中国製の超軽量バーナーをおそるおそる実用してみた。』の画像

僕がここ数年愛用している60リットルクラスのザックはもっぱらグラナイトギアの“ニンバストレース60”です。とにかく背負い心地が良くって、しかもデザインが僕好みでかっこいい…。そんなニンバストレースの魅力を語りたいと思います。ニンバストレース 背負い心地、フィ
『レビュー:GRANITE GEAR(グラナイトギア) のバックパック“NIMBUS TRACE 60(ニンバストレース60)”の魅力。』の画像

2015年の8月に福島・新潟・山形の三県にまたがる名峰、飯豊山(いいでさん 2105.2m)を縦走した際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2015年8月8日~8月12日(山中3泊)メンバー単独交通手段公共交通往路:JR磐越西線野沢駅まで
『山行記録:真夏の飯豊連峰縦走。』の画像

2015年のゴールデンウィーク(GW)に北アルプスの白馬岳(しろうまだけ)に挑んで敗退した際の記録です。実は白馬から親不知への縦走をもくろんでいたんですが…。過去の山行ですので、当時の記録の文章をほぼ原文から書き起こしてみました。登山日程2015年4月30日~5月1日(山中1
『山行記録:GW 暴風の白馬岳敗退と唐松岳。』の画像

ネット広告で、「一緒に山に登ってあげるサービス」なるものを発見してしまいました。いろんな意味でヤバそうな匂いがぷんぷんしています。ウェブページを見ただけですが、内容を考察していきたいと思います。登山パートナーたそがれ伴登舎公式ウェブサイトはこちらです。→

2014年のゴールデンウィーク(GW)に南アルプスの仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ 3,033m)に伊那側の地蔵尾根から登った際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2013年5月3日(前泊)~5月5日(山中1泊)メンバー男2人交通手段公共交通往
『山行記録:GW!長く、大きい…残雪の仙丈ヶ岳地蔵尾根。』の画像

2013年のゴールデンウィーク(GW)に南アルプスの聖岳(ひじりだけ 3,013m)に積雪期バリエーションルートである東尾根から登った際の記録です。過去の山行ですので、当時の記録を元に書き起こしてみました。登山日程2013年5月2日(前泊)~5月5日(山中2泊)メンバー男3人交通手
『山行記録:GW!南アルプス聖岳東尾根の雄大な雪稜歩き。』の画像

2015年4月26日に谷川岳のお隣の山、白毛門(しらがもん 1720m)に日帰りで行った時の記録です。上越の山には守門岳のように「門」が付く山が目につきます。まさに谷川連峰の入り口にそびえたつ「門」のような前衛峰の山です。登山日程2015年4月25日(前泊)~4月26日メンバ
『山行記録:残雪の白毛門を日帰り登山で。』の画像

本書は関東、新潟、関東(栃木、群馬、奥多摩、奥秩父など)の避難小屋、営業小屋の詳細についてまとめられています。避難小屋のクオリティをわかりやすく☆星で4段階評価しています。著者の髙橋さんは約40年間避難小屋泊の単独登山を行っており、その集大成の一つとも呼べる
『読んだ本:『完全ガイド 関東・越後の避難小屋114』(2004年 髙橋信一 著 随想舎)』の画像

3月の奥多摩三山のひとつ、三頭山(みとうさん 標高1531m)で大量遭難事故が起きました。全員無事救助されて何よりですが、なぜこのような事故が起こってしまったのか、報道された情報をもとに経緯から分析してみます。ニュースソース:産経ニュース 奥多摩13人遭難事故

登山靴でかかとやくるぶし靴擦れの原因には靴の相性、靴下との相性があり、どこかでサイズが違ったりすると、靴連れが起きます。対策としてワセリンやテーピングなんかがありますが、起きてしまうときは起きてしまうもので、そんな時はなるべく簡単に痛みを除去したいもので

2018年3月17日~18日で谷川岳西黒尾根~茂倉岳(しげくらだけ)~土樽駅までテント泊縦走しました。最近は暖かい日が続いてましたが、稜線はまだまだ寒く、上越国境の山々が圧巻でした。登山日程2018年3月17日(土)~18日(日)メンバー男3人交通手段公共交通往路:JR水上駅まで普
『山行記録:谷川岳西黒尾根~茂倉新道縦走 残雪に埋もれた避難小屋を求めて…。』の画像

駅寝(えきね)、またの名をステーションビバーク(Station Bivouac : STB)…。登山前夜に駅で前泊することを「駅寝」と言います。ひたらくいえば駅で野宿をするということになりますが、単なる野宿とも違う、味わい深さがそこにはあります。そんな駅寝の世界をご紹介します。駅
『駅寝(ステーションビバーク)マニュアル。』の画像

使い捨てのビルトインコーヒードリッパーポットであり、登山やアウトドアでも活躍する、いつでもどこでも簡単にスペシャリティコーヒーが味わえるグロワーズカップというコーヒーをご存知でしょうか?味、淹れ方、パックの再利用、取扱店舗などを解説します。おそらくグロワ
『超詳細レビュー:グロワーズカップコーヒー“GROWER'S CUP The COFFEE BREWER”』の画像

前回の記事では登山における花粉症対策として、僕が今までやってきたことをつらつらと書いてしまいましたが、結論として「花粉の少ない山にいけばいいじゃない」となりました。ここでは、ちょっと突っ込んで「花粉の飛散量の少ない山はあるのか?」ということを調べてみまし
『登山の花粉症対策:花粉の少なそうな山を調べてみた。』の画像

僕は子供の頃から大変な花粉症でして、母親曰く、赤ん坊のころから花粉症だったそうです(笑)。正直、登山が趣味になってからも大変苦労しております。しかしながら山へは行きたい。でも花粉症はツラい。そんな僕の花粉症対策をご紹介します。対策その1:我慢するいきなり対策
『登山好きですが花粉症です。』の画像

↑このページのトップヘ