1532742179772
ずっとインドアでちびちびいじっていたアルコールストーブですが、やはり実戦投入してナンボのものです。
作ったらフィールドで酷使する!それが真のMYOG (Make Your Own Gear)ってもんです。ということで夏の八ヶ岳でテストしてみました。



八ヶ岳登山の朝晩で使用

今回は一泊二日の八ヶ岳登山で使用しました。実はフィールドテストはこれが初ではなく、富士山頂と奥多摩の日の出山山頂でも行っています。

20180609130743_IMG_5394
富士山では風防を持ってきていなかったので、沸騰には至らず…。高山病も酷くてそれ以上のテストをする気にもならず…。

20180617115602_IMG_5443
20180617120233_IMG_5446
奥多摩の日の出山ではほんの少し小雨でしたが、風防でガッツリ囲んで無事に沸騰。コーヒーを淹れました。

ただし、風防が嵩張るのでそこが懸念事項でした。こんなにでかい風防使ってたらウルトラライトギアとは呼べませんからね~。

風防を小型化し、風さえ防げれば十分実用使出来るだろうということで今回八ヶ岳での実地テストに踏み切りました。


写真のコーヒーはこちら

燃料(アルコール)の不足を懸念していたが…?

20180620225339_IMG_5512
というわけで、アルコールストーブ本体、ゴトク、改良した自作風防の三点を引っ提げて、八ヶ岳に挑むことにしました。

一番の懸念事項は燃料(アルコール)の量でした。アルコールストーブはガス燃料と違ってストーブに注いだ分は全部使い切ることになります。かといって足りない場合、燃焼中にアルコールを追加することも難しいです。

だから一度に入れるアルコールの量が多すぎると後々の燃料不足を招くし、少なすぎても沸騰前に燃料が無くなるという事態になるのです。

というわけで事前に必要なアルコールの量をざっくり実験で調べておきました→アルコールストーブの燃費について。


燃料(アルコール)の量は約120mlあれば十分

20180719203437_IMG_5650
適正なアルコールを消費できるよう、事前にナルゲンの125mlボトルに目盛りをシコシコ書きました。これで燃料の使いすぎや不足にはならないはず。


ナルゲンのこの容器ならほぼ漏れません。意外と小さい容器で漏れないやつって無いんですよね。小型のペットボトルでも良いですがサイズ的にでかくなってしまいます。



いざ実用へ!そして見えてきた課題

20180721172919_IMG_5789
20180721173425_IMG_5790
場所は八ヶ岳オーレン小屋のテント場、標高2,330m、天気は晴れ、風は無風、気温は調べるの忘れたけど多分25℃~28℃くらいでしょう(笑)

結果…楽々沸騰!お湯を沸かしてアルファ化米やスープを飲みました。

オーレン小屋は樹林帯のテント場なので風も弱く、正直自作の風防がどれだけ効果を発揮したのかわかりませんでしたが…。

点火にはガスストーブからもぎ取ったイグナイターを使用。こちらも問題なくスパークしました。


食べたのは値段が高いビビンバのアルファ化米。

そして今後の課題は、アルコールを入れすぎないようにすること。一度のアルコールは20mlくらいに抑えても200mlくらいの水ならすぐ沸いてしまいました。沸きすぎてずっとグツグツ言ってて困りました(笑)

また、少量だけアルコールをストーブに入れようとしてもうまく入れられず、こぼします。

そこで考えたのがスポイト的なアイテムがあれば楽なのではということです。


こういうやつですよ。これならアルコールの量の微調整もできますね!まだ試してませんが、次回アルコールストーブを使う際はこういうアイテムは必須だと思っています。



2018年7月28日
おわり

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック