100均であったり、Amazonであったり、ワーマンであったり、そういうアウトドアブランドじゃないもの、登山用途に作られていない製品を登山で使うときに思うこと。



image
僕がワークマンを選ぶときに心がモヤモヤするのは、「ウェア選択の責任」が全て自分にのしかかることの不安感があるから。

アウトドアブランド物なら「こういうシーンで使って下さいね」というガイドがある。多少の不満があってもメーカーが「これはこのためにあえてこうなっています」というエクスキューズがあると、これは設計思想だから仕方ないと割り切って受け入れることが出来る。

だから性能に不満があっても「製品は悪くない、これは考え尽くされた製品でこの状況にも耐えられるように作られている。悪いのは僕の体力、忍耐力がが無いせいだ」という思考に至る。

これは正常性バイアスとも信仰心とも言える。あれだけの値段を払ったんだから悪いものであるはずがないということである。神は乗り越えられない試練は与えないという精神状態のもと、頑張れるはずだと心に言い聞かせることができる。



image
しかしワークマンはそれができない。これはワークマンに限ったことではない。100均だろうと、Amazonの格安中華コピー製品だろうと、自作山道具だろうと同じことだ。なぜなら彼らはアウトドブランドと違って神ではないため、乗り越えられない試練を課すかもしれないからだ。

「仕様だから仕方ないね」というエクスキューズが効かないとどうなるのか?「自分が今頑張ることができないのはこの道具のせいであり、安易に安物にせず、有名ブランドを選べばよかった…」という後悔の念にかられてしまう。その結果、自分の実力不足を道具に転嫁してしまう。パフォーマンスが下がるし、気分も落ち込む。

だから、アウトドアブランド以外の製品を登山で使うたときは、そこまでを想定して選ばないといけない。つまり「選択の責任」を自分自身で負わないといけない。これを選んだのは自分自身の判断なのだという強い気持ちで臨まないといけない。

本当に使えるだろうかあのシーンではどうか?このシーンではどうだ?という風に自分で思いつく限りの可能性を考慮し、決定する。

仮に実地で想定外のことが起きたらそれは仕方がない。安易に値段だけで決めたものなら製品の質に憤慨するだけになるだろうけど、自分で思う存分考え抜いた末に耐えられなかったのであれば、むしろ「よくぞここまで」とその製品を讃えることができるはずだ。

結局、少し慣れてくると道具選びってそのほうが楽しくなってくると思う。つまり「道具に対して、自分がどう使うかを真剣に考え抜く行為」をするほうが、楽しい。

頭を使わずに、「有名ブランドだし、みんなオススメだし、なにより高価だし、大丈夫でしょ」という気持ちで買うのはちょっとつまらない。もちろん、初心者はその切り口は大事だし、僕も有名ブランドの製品設計思想に自分の考えがどハマりしたら高価であっても買うし、流石だなと思う。

何より、流石だなと思えるブランドを身につけていると気分が上がり、それはパフォーマンス向上に繋がる。だから僕は重要装備は必然的にアウトドアブランドになる。

逆に気分がさほど上がらない、「これはこんなに高価なもの使う必要ある?」というものは、考え抜いた上で、色々な安価なものに代替するのもアリだと思うのだ。



おわり
2020年11月9日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング