フランス発の格安スポーツ用品メーカー「デカトロン」で、登山遠征用中型ダッフルバッグを買ってみたら、旅行や日常で使い勝手が最高だったという話。



旅行やキャンプってやたら荷物の出し入れ多いよな…っていう気づき

IMG_8782
学生時代から登山も旅行も、荷物のパッキングは登山用ザックで済ましてきた僕だったが、家族で帰省の機会が増えると、どうにもザックだと使い勝手の悪さを感じることが多くなってきた。

ザックは大荷物でも機動性に優れているところが利点で、そこを気に入っている。しかし家族旅行だと荷物を持ったまま長い距離を移動することは少ないのでその利点はあまり生きない。特に車で移動すると荷物は車に突っ込んだら宿泊先までそのままだ。一方、圧倒的に必要になってくる機能は荷物の出し入れのしやすさだ。

山では荷物の出し入れというものは頻繁には起こらないが、旅行ではやたらある気がする。ザックだと主に上からしか物を出し入れができないので最下層に入れたのものを取り出すとき、ドラえもんのように「アレでもないコレでもない」と荷物を散らかすはめになる。サイドアクセスが可能なものもあるが、残念ながら僕は大型ザックでそう言う類のものを持っていない。

その点を考慮すると、今更ながらダッフルバッグ便利説が浮上。当たり前の話ではあるが、大きな開口部はスーツケースのように整理整頓や出し入れが楽である。この発想は長年運搬にはザックこそ至高という「ザック脳」だった僕には無かったのだ。たとえサイドアクセスが可能なザックでも、構造上ここまで出し入れが楽にはならないだろう。

これなら普通の旅行はもちろん、キャンプにも使えそうだ。キャンプ道具もザックに入れるよりこのような「籠」的なバッグを使う方が使い勝手がいいと思う。

また、パッキング済みの小型のザックやトレランザックをそのまま入れることもできるので、アウトドア旅行スタイルも可能。旅行先でちょっと低山に登るなんてときには丁度いい。



「動物の背に乗せやすい」デカトロン本気の製品設計

FullSizeRender
さて、旅行用でダッフルバッグが欲しいということになったが、アウトドアブランドのものは良く出来ているがお値段が高い。かといってあまり貧弱なものは使いたくない。

ある程度大きな容量と耐久性が欲しかったし、何よりちゃんと背負えるものが望ましい。背負ったまま山に登るわけではないのでザックほどの機動力は必要ないのだが、両手を使いたいときや、キャンプ場での移動などを考慮するとしっかりとしたショルダーハーネスがついていることが条件だ。あともちろん見た目もカッコいいに越したことはない。

こういうときに助かるのがデカトロンだ。アウトドアブランドのコンセプトでありながら、お値段抑えめの製品がたくさんある。もちろんダッフルバッグもあるので見てみるとアウトドアブランド顔負けの仕様がかなり安く販売されている。他の有名ブランドの半額近い値段ではないかッ!しかもデザインもなかなかカッコいいと思う。

個人的に「推せるな〜」と思ったところは、デカトロンサイトの商品説明で「動物の背に乗せやすいソフトなつくり(馬、ロバ、ラクダ)」とあり、ちゃんと遠征でベースキャンプまでのキャラバンを想定しているところだ(笑)。

参考までにノースフェイスの定番ダッフルを貼っておく。




コンプレッションと容量拡大機能がGOOD

IMG_8783
いよいよ詳細を見ていく。公式スペックは重量1.3kg、長さ55cm、奥行き40cm、高さ32cmとなっている。ちなみにワンサイズ大きい80-120リットルもある。

このダッフルバッグで気に入っているのは荷物の量に応じて容量が変えられるところだ。荷物の量が少ない時は長辺のコンプレッションと短辺のコンプレッションを引っ張ることでバッグのサイズを小さく出来る。



IMG_8930
逆に沢山入れたいときは容量を大きくすることができる。サイドのジッパーを開いて解放すると縦にサイズアップするのだ。各コンプレッションも開放すれば最大60リットルとなかなかの大容量となる。短辺のコンプレッションのベルトを外すと笹船のような形になり、開口部が広くなるのも高やすい。



IMG_8788
外側にもジッパー付きポケットが二つある。ロゴもカッコいいと思う。



IMG_8787
内側にもメッシュポケットが二つ。



IMG_8786
ハンドルが底面以外の5面にあるので、咄嗟に掴んでもどこかしらを持てる。



IMG_8785
しっかりとしたショルダーハーネス。チェストベルトもあるし、トップスタビライザーまでついている。




IMG_8784
ネームタグを入れる窓付き。修学旅行でも使える。



IMG_8920
メインコンパートメントのジッパーはロックループあり。ここに南京錠などを通せる。



買い物バッグとしても最強

FullSizeRender
2歳児ならば体ごとすっぽり入るほどの収納力ではあるが、コンプレッションを引けば40リットルサイズ、もしくはそれ以下として使用可能なため、子供から大人まで使える。実際デカトロンのレビューで「子供の修学旅行用に買いました」というのがあってかなり評価も良さそうだった。息子が大きくなったら合宿とかで使ってもらおう。

普段の用途で考えているのは買い物バッグの代わりだ。最近は買い物をまとめて行うことが多いので大容量の買い物バッグが重宝する。しかし、いわゆるエコバックはペラペラで耐久性に難があるし、自立せず形状が不安定で使いにくい。



IMG_8918
このダッフルならばカゴいっぱいの買い物であろうが、ガシガシと突っ込んでいけるし、取り出すのも楽だ。当然持ち運びも楽なので買い物無双ができるのだ。実際上記買い物量のうち、ポテチと肉と卵以外は全て入った。

日常や家族との共用もできることを考えると、めちゃくちゃコストパフォーマンスは良い製品だなぁと思う。



おわり
2021年3月3日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック