昨年のゴールデンウイークにダウンシュラフを自宅で洗ったが、見事に乾燥がうまくいかず、臭いが残って難儀なことになってしまった。その反省を活かして今回は乾燥はコインランドリーを利用することにした。



ダウンの乾燥不良はもう御免

昨年のダウンシュラフ洗濯奮闘記はこちら

昨年のような乾燥工程の失敗はしたくないので、今回は自分で手洗いして、乾燥だけをコインランドリーを使用してみた。通常クリーニングに出すと数千円かかるところ、コインランドリー乾燥なら数百円で済むのだ。

今回洗うのは
  • ウエスタンマウンテニアリングのフラッシュジャケット
  • ナンガのダウンベスト
  • 無印良品のダウンジャケット
の3着。フラッシュジャケットは軽量でダウン量が多い厳冬期向き登山用ダウンジャケット、ナンガのベストは丸首でダウン量少なめのタウンユースモデル。無印のやつは完全にタウンユースモデルである。このダウン製品でも毛色の違う3品をいっぺんに洗ってみよう。

ウエスタンマウンテニアリングのダウンに関してはなんと購入して10年間一度も洗っていないうえに、冬山で寝るとき着てきたので結構臭い。ぜひ何とかしたい。



浴槽で手洗い

IMG_0145
まずは手洗い。自宅の浴槽にぬるま湯を張ってエマールを適量投入。経験からダウン専用洗剤でなくてもおしゃれ着用洗剤でOK。不安な人はダウン用をどうぞ。


mont-bell(モンベル) O.D. MT ダウンクリーナー 200ml 1124640


洗い方は適当に足でもみ洗いを行う。まるで「もののけ姫」のタタラ場の女達さながらである。

いい感じに水が黒くなってきたらすすぎである。何度か水を入れ替えつつ、足でよく揉んで水を絞ろう。3回くらい排水して水が泡立たないくらいになったら、手で軽く脱水して手洗いは完了。

ここまでは今まで僕がやってきたダウン洗い工程と同じ。



いざコインランドリーへ

IMG_0160
脱水をしたとは言え、この時点で水はまだポタポタ滴る状態。今まではここから翌日乾燥や自然乾燥を駆使していたが、今回はちょっとだけお金を使って力技を試してみる。滴るダウンをビニール袋に突っ込んでしまったらそのままコインランドリーに駆け込んだ。

ここでポイントとして、乾燥機のなかに一緒にテニスボールを入れるとダウンに偏りがなくなって乾きがよくなるらしい。それをTwitterで教えてもらったのだが、僕はその情報に気づくのが遅く、ダウンだけを入れてしまった後だった。よく思い返せば家に洗濯ボールがあったのでアレでもいいと思う。


とりあえず60分(500円分)低温モードで乾燥してみた。60分後、表面はなかなか乾いているが、やはりボールがないので少し内部が塊になっていてそこに湿った部分が残っている。それを手でほぐしたり叩いたりしてならしてから、プラス24分(200円分)追加で乾燥することした。



IMG_0161
24分後、いい感じである。ナンガは完全に乾いている。無印も袖のリブが構造上乾きにくいので少し湿っているがほぼ完了だろう。

フラッシュジャケットもだいぶフワフワになっている。部分的に内部がやや塊になっている感触はあるが、湿り気は感じない。あとは家でしばらく吊るしておけば完全に中まで乾燥できそう。



IMG_0167
翌日、一番懸念していた匂いはなく、新品のようにフワフワ。念のためもう数日クローゼットには入れずに陰干しするが、ほぼ完了といっても差し支えない。大成功である。



コインランドリーはマジ捗る

IMG_0163
なかなかダウン製品のメンテナンスは億劫なものだ。クリーニング店に任せるというのも手ではあるが、一着2,000円前後かかってしまうし、わざわざプロに頼むほど汚れてない場合もある。

そんなときは自分でやりたいと思うものだが、それも手間だ。特に乾燥がめちゃくちゃ大変だということは、一度やってみないとわからない。

そんな大変な工程の乾燥だけをコインランドリーに任せてしまえば数百円で半日でフワフワのダウンが復活する。家にガス乾燥機があれば自宅で完結するかもしれないが、もっていない場合は業務用のパワーで一気に乾き上げるのが最良の策だ。

もうすぐ夏なのにダウンを放置してる人がもしいたら、是非このメンテナンスをオススメしたい。



おわり
2021年4月30日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック