北軽井沢に位置する小浅間山は浅間山の寄生火山。浅間山より約1,000m低く、小1時間程度で登れるが、雄大な景色と立派な火山の雰囲気を味わえる。



山行概要

北軽井沢の貸コテージに前泊し、早朝に峰の茶屋からトレランスタイルで登った。半分は登りやすい樹林帯、残りは火山特有のザレた登り。浅間山や群馬埼玉方面の眺めが良い。ピークは西峰と東峰があり、三角点の場所は樹林が多く、分かりづらい。帰りは元の道を戻る。

登山コース情報等

火山特有のザレた小石が多く、ローカットシューズではゲイターを使った方がいいかもしれない。火山といっても浅間山のように現在も生きている噴火口や立ち入り禁止区域は無いので気にせず登れる。水場は無い。

日程: 

10月4日(日帰り)

天気:

 快晴 気温: 8℃

メンバー : 

単独

登山口までのアプローチ : 

マイカー。マイカーで行く場合、軽井沢市街から国道146号を北上し、「白糸の滝入口」に峰の茶屋があり、そこの駐車場か、登山口の無料駐車スペース(10台程度)を利用。バスもある。

コースタイム: 

0554峰の茶屋 発
0613小浅間山西峰分岐 着
0628小浅間山 着
0633小浅間山西峰 着
0651峰の茶屋 着


装備 

トレラン日帰り装備
  • 5リットルトレランザック
  • 軽量雨具上下
  • 軽量ウィンドシェル
  • エマージェンシー・ファーストエイドキット
  • エマージェンシーブランケット
  • 水500ml
  • どら焼き少々
  • ゲイター(着用)
  • トレランシューズ(着用)
  • ネックゲイター
  • 長袖シャツ(着用)
  • 短パン(着用)
  • キャップ(着用)

写真と記録

IMG_2865
無料の駐車場は路肩に停める。

IMG_2866
このあたりも停められそう。右の縞々コーンの先が登山口。

IMG_2867
浅間山噴火警戒レベルによっては入山規制の恐れもある。登山届ポストあり。

IMG_2868
東大の火山観測所の脇を通り抜けて、しばらくは穏やかな樹林帯が続く。11月になればおそらく紅葉が見事だろう。


IMG_2869
やがて突然森林限界を越えて砂礫の道となる。やはり森林限界を越えるとテンションが上がる。

IMG_2870
真っ直ぐ行くと浅間山本峰に続く道だが、今は入山できない。標識に従い、小浅間山を目指す。


IMG_2871
開けてザレた道はどこでも歩けるが故に、踏み跡が不明瞭で登山道がわかりにくい。知らないうちに道を外さないように地図やGPSアプリをチェックしたい。

IMG_2873
富士山の登山道のような砂場を登るが如く、踏ん張りの効かない道。スピードを上げても足が沈んでしまうのでゆっくり歩く。このようなひらけた景色が簡単に見れてしまうのもこの山のいいところ。

IMG_2874
振り返ると妙義山や奥秩父方面の山々が見える。アルプスのように目立つ高峰は無いが、山並みの合間にかかる雲が美しく、心が洗われる。

IMG_2875
当然、浅間山も大きくみえている。この雄大な景色は他ではなかなかお目にかかれない。最高に贅沢だ。

IMG_2877
西峰との分岐。

IMG_2878
山頂までもう少し。貸切のトレイル、最高の景色に思わず走り出したくなる。というか、走った。

IMG_2893
山頂は広い砂場。当然誰もいなかった。至福の時。風があると遮るものは全く無いが、この日は無風に近かった。

IMG_2894
山頂から見る浅間山。こんなに簡単に登れてこんな景色が見れるのでコスパがめちゃくちゃいい山。

FullSizeRender
山頂から南を望む。画面右端に八ヶ岳も見える。中央の山々は奥秩父らしい。

IMG_2897
少し北に踏み跡が続いており、赤テープを頼りに樹林を越えると三角点がある場所に出る。しかしどこにあるのかわからない。とりあえず写真をパシャリ。

IMG_2898
また樹林帯を抜けて、西峰へ向かう。

IMG_2899
西峰。

FullSizeRender
西峰。

IMG_2905
西峰から分岐へ降りる道は急でザレいる。ズルズルとかなり足をとられるので登りには向いてない。


FullSizeRender
一通り名残惜しんだら、ここからは走って一気に下山。ついでにワークマンのメリノウール ネックゲイターをテストしてみたり。

朝の1時間ちょっとの時間だったが、とても贅沢な時間だった。



おわり
2021年10月10日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック