メリノウールウエストウォーマーなんてしゃれた名前がついているが、ようは「腹巻」である。これが僕のようにお腹冷えやすいマンにとっては神アイテムなのだ。



単純な製品だけど使える!

IMG_8203
このメリノウールウエストウォーマー、もうかれこれ2ヶ月くらいつかっているが、ここ最近は朝のランや山の必携品になっている。

構造はチューブ状で、ネックゲイターを少し太くしたような形だ。だがその単純極まりないシルエットながらとんでもなく使える。

ちなみにお値段は980円(税込)。他社と比べて三分の一くらいの値段。サイズはフリーなので店頭で確認してね。ウエスト70以上ならいけるはず。

お腹の冷えが心配な全ての人へ

僕はお腹が冷えやすい。夏でもそうだ。冷えるお腹が痛くなってアウトドアだと非常厳しい。だからランニング、登山で動いて暑くなり薄着になりたいと思いつつも、腹だけは守りたい…。なんなら腹以外は限りなく薄着で良い。

ベストを着るという選択肢もあるが、そこまでじゃない。ベストだと暑すぎるのだ。そんなときメリノウールの腹巻が最適解だと思う。

寒いときは体幹はなんぼ暖めてもいい

冬のみならず、寒いときは身体の芯、つまり体幹をまず暖めることは大事だ。体幹はなんぼ暖めても良い。

僕は朝のトレラン時に、OMMのコアフーディと併用するのが好きだ。コアフーディはスカスカで風通しが良いのがメリットだが、正直言って腹だけは守りたい。メリノウールで腹をガードすれば完璧だ。

とは言え、ずっと巻いてたら暑くないのか?と思うかもしれない。

11時間つけっぱなしで快適

実は10月の志賀高原のトレランレースで11時間朝からつけっぱなしだったが、終始快適だったので、やはりなんぼ暖めてもいい。

メリノウールは素肌につけていると不思議と汗冷え感や、蒸れ感や過度な暑さを感じないし、臭いも気にならないのがいい。それに僕の場合、お腹や腰の部分は朝はかきにくいので、つけっぱなしでもOKなのだ。もちろん個人差はあるので、悪しからず。

※この記事はワークマン公認アンバサダーとして製品提供のみを受けた記事です。
※製品提供を受けた中で筆者が本当に山で使えると判断したものだけを厳選し取り上げています。

おわり
2022年11月27日

いつもご愛読ありがとうございます!このブログを応援して下さる方は↓クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック