絶対にマネをしてはいけない山歩き。

山歩き屋の庶民派山雑記ブログ。

絶対にマネをしてはいけない山歩き。 イメージ画像

山歩き入門

僕の独断と偏見に基づいてSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)ごとに登山者の格好をまとめてみた。異論は認めます。
『偏見で見るSNSごとの登山者の格好。』の画像

一人で登山をする人は複数人で山を登ることに抵抗がある人もいるようだ。気を使ったり、ペースを合わせたり…。でもそもそも単独と複数、分けられているのにはもっと根本的な理由があると思うんだ。※11月14日補足:単独でも何人ででも無事なら何でもOKという前提で話をして
『単独登山と複数人数での登山との違い。』の画像

タイトルの通り、巻機山にある巻機山避難小屋付近(もちろんそこ以外も)は幕営(テント)禁止!ということを広めたいだけの記事。なぜなのかは本文を読んでいただきたい。
『巻機山はテント泊禁止です!!』の画像

前回は森林限界以下(樹林帯)のみの山でも起こりうる、命に関わるリスクの話だったが、北アルプスなどの岩場のある山ではどうなるのか?初心者の方に伝えたい。
『続・登山初心者に伝えたい唯一のこと。』の画像

僕は人にアドバイス出来るほどの経験は無いが、登山やハイキングの全くの初心者にひとつ言っておきたいことがある。持ち物やどうやって登山を始めればいいのか?始めてみたいけど何から始めたらいいかわからない人必読!
『登山初心者に伝えたい唯一のこと。』の画像

僕は標高2,300mで肺水腫となって、自力下山をしたことがある。「そんな標高で?」と思われた方もいると思うが、僕もそう思っていた。まったく、山は何が起こるかわからない。この体験談が皆さんの安全登山に少しでも貢献できますように。
『突然、高地肺水腫になったときの話。』の画像

大晦日から元日にかけて、初日の出登山をお考えの人もいるかと思います。普段登山はしないけど、「新元号元年の最初の初日の出を山から見てみたい!」という人もおられるでしょう。そんな人に少しアドバイスです。
『初日の出登山で特に気を付けるべき3つのこと。』の画像

最近、仕事で登山を全くしない人と話をして、「ハッ」と気づいたんですが、登山をしない人にとって、「登山」って登山経験者が考えている以上に「未知」だということ。でもそんな人のなかにもきっと「登山をはじめてみたい」という人がいるかもしれません。いや、居て欲しい
『登山は初心者でも簡単にはじめることができる趣味だ!』の画像

駅寝(えきね)、またの名をステーションビバーク(Station Bivouac : STB)…。登山前夜に駅で前泊することを「駅寝」と言います。ひたらくいえば駅で野宿をするということになりますが、単なる野宿とも違う、味わい深さがそこにはあります。そんな駅寝の世界をご紹介します。
『駅寝(ステーションビバーク)マニュアル。』の画像

前回の記事では登山における花粉症対策として、僕が今までやってきたことをつらつらと書いてしまいましたが、結論として「花粉の少ない山にいけばいいじゃない」となりました。ここでは、ちょっと突っ込んで「花粉の飛散量の少ない山はあるのか?」ということを調べてみまし
『登山の花粉症対策:花粉の少なそうな山を調べてみた。』の画像

富士登山に必要なモノ、知識とは?富士山は標高も知名度も日本一ですが、登るときのお約束や方法って?服装、高山病、弾丸登山…その実態とは?僕の経験をもとにご紹介します。
『富士山登山、七つの「心得」。』の画像

↑このページのトップヘ